【薬学部】肺結核治療薬ゴロ

病態

こんにちは!ぽぽです。

肺結核治療薬の副作用を押さえよう!

さっそくいってみよう!

・薬学部おすすめの本

肺結核の治療薬ゴロ

りーちゃん急いでピラミッドの風呂入り、ストレスぶっ飛ぶ

肺結核治療のまとめ

・耐性菌の出現を防止するため原則3剤以上の多剤併用療法を行う。

・服薬コンプライアンスを向上させるためにDOTS(直接監視下短期化学療法)が行われている。

治療薬特徴
イソニアジド・ミコール酸の生合成を阻害する
・末梢神経炎を生じる→ビタミンB6製剤の投与により予防
リファンピシンシトクロムP450を誘導するため、相互作用に注意が必要
ストレプトマイシン第Ⅷ脳神経障害を生じる(めまいや難聴)
エタンブトール視力障害をおこす
ピラジナミド・イソニアジドと併用で用いられる
レボフロキサシン・原則、他の抗結核薬と併用で用いる

肺結核とは

・ヒト結核菌の飛沫核感染(経気道的感染)により発症する。

・肺結核の大部分が(約70%)は不顕性感染である。

・患者の主訴は2週間以上持続する咳や痰である。

肺結核の検査

検査特徴
・ツベルクリン反応
・インターフェロンγ遊離試験
・遅発型アレルギー反応(Ⅳ型)を応用
・塗沫染色検査Ziehl-Neelsen染色により染色

お読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

病態 薬学 薬理
スポンサーリンク
popoをフォローする
ぽぽブロ
タイトルとURLをコピーしました