【薬学部】束一的性質のゴロ

物理

こんにちは!ぽぽです。

束一的性質のゴロの紹介をします。

問題解説さっそくいってみよう!

【問題】

・希薄溶液の束一的性質でないのはどれか?

1.蒸気圧降下

2.凝固点降下

3.沸点上昇

4.表面張力低下

正解は4の表面張力低下です。

【解説】

・束一的性質として、凝固点降下、沸点上昇、蒸気圧降下、浸透圧があげられる。

・束一的性質とは、存在する溶質の種類には依存せず、存在する溶質粒子の数に依存する溶液の性質である。

・表面張力の低下は束一的性質ではない。

ここでワンポイントアドバイス!

束一的性質ってなんだたっけ?

上昇?降下どっち?と分からなくなる人におすすめのゴロを紹介!

そうじのふしぎ

このゴロを覚えて下↓上↑上↑下↓と暗記しましょう!

これを覚えると、こういった問題にも応用できます。

【問題】

・不揮発性の電解質を溶解させた希薄水溶液において溶質の濃度上昇とともに値が減少するのはどれか。ひとつ選べ。

1.イオン強度

2.凝固点

3.沸点

4.浸透圧

5.溶質のモル分率

正解は2の凝固点です。

私は正直この文章を読んでさっぱり意味がわかりませんが、4か月で国試合格した勉強法としては下記の通りです。

不揮発性の電解質を溶解させた希薄水溶液において溶質の濃度上昇とともに値が減少するのはどれか。

という文に対して赤で示した単語(不揮発性、希薄水溶液、減少する)だけピックアップします。

不揮発性、希薄水溶液から束一的性質についての問題と判断します。

次に、束一的性質のゴロを思い浮かべます。

そうじのふしぎだったな~と

そして下↓上↑上↑下↓だから、減少するのは蒸気圧降下凝固点降下だ!

最後に選択肢を見て蒸気圧降下は無いので2の凝固点が正解と導きます。

国試の必須は90問を90分で解かなければいけません。

見直しの時間も考えると一問一分以内で解答することになります。

意外と考える時間がありません、、、

私は勉強が嫌いで落ちこぼれでした。

効率よくサックっと解答するためにもゴロを活用していました。

6年の10月末くらいから勉強を始め、なんとか国試に合格しました。

楽して効率よく勉強をしたい人向けにブログを書いています。

専門的な詳しい解説などは自分には向いていません。

そういうサイトは他にもいっぱいあるのでそちらを参考にお願いします!(^^)!

勉強応援しています!がんばってください!

・薬学部おすすめの本

お読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

物理 薬学
スポンサーリンク
popoをフォローする
ぽぽブロ
タイトルとURLをコピーしました