【薬学部】局所麻酔薬のゴロ

薬学

こんにちは!ぽぽです。
選択肢で迷った時にぽぽブロでなんか見覚えある!
「あのゴロだ!」と1点に繋がれば良いなと思いブログを書いています。
ゴロを隙間時間に眺めてみてね!

沖網の表面まで航海

沖:オキセサゼイン
網の:アミノ安息香酸エチル
表面まで:表面麻酔
航海:コカイン

薬物特徴
コカイン表面麻酔のみで用いる(浸透性よい、毒性大)
アミノ安息香酸エチル表面麻酔のみで用いる(内服、外用)
オキセサゼイン表面麻酔のみで用いる(内服)
ガストリン分泌抑制作用→胃酸分泌抑制

アミノ安息香酸エチルとオキセサゼインは酸性条件下でも使用可

プロとバカは注意する

プロと:プロカイン
バカは:メピバカイン
注意する:注射器を用いる

薬物特徴
プロカイン表面麻酔以外(注射)
メピバカイン血管収縮薬を併用しなくても十分な
作用時間が得られる
局所麻酔薬の特徴

・感覚の消失順番:痛覚→温覚→触覚
太い神経線維より細い神経線維に対する興奮伝導抑制作用が強い
・血管拡張作用を有するものが多い(作用時間の短縮、全身副作用の発現)
※防止目的でアドレナリンのような血管収縮薬を併用する

勉強がんばってね!

ぽぽブロとは
薬学生や薬剤師に役立つ情報を発信!
CBTや薬剤師国家試験、定期テストで使えるゴロや勉強法などを紹介しています。
ぜひこのぽぽブロを有効活用して6年間乗り切ってください!
応援しています。

お読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬学 薬理
スポンサーリンク
popoをフォローする
ぽぽブロ
タイトルとURLをコピーしました