【薬学部】代謝誘導のゴロ

実務

こんにちは!ぽぽです。
代謝誘導のゴロは実務や薬剤で使えるよ!
さっそくいってみよう!

西洋にカーとフェリーで誘導

西洋に:セイヨウオトギリソウ
カーと:カルバマゼピン
フェ:フェニトイン、フェノバルビタール
リーで:リファンピシン
誘導:誘導

代表的な薬物や嗜好品等あわせておぼえよう!

代謝誘導を起こす代表的な薬物や食品や嗜好品

酵素誘導薬・食品・嗜好品
CYP1A2禁煙
CYP2E1慢性的な飲酒
CYP3A4セイヨウオトギリソウ
CYP2D6を除くほぼすべてリファンピシン、カルバマゼピン、フェニトイン、フェノバルビタール
UGT1A1カルバペネム系抗生物質

勉強がんばってね!

ぽぽブロとは
薬学生や薬剤師に役立つ情報を発信!
CBTや薬剤師国家試験、定期テストで使えるゴロや勉強法などを紹介しています。
ぜひこのぽぽブロを有効活用して6年間乗り切ってください!
応援しています。

お読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

実務 薬学
スポンサーリンク
popoをフォローする
ぽぽブロ
タイトルとURLをコピーしました